Flash使い方、Flashのマニュアルをお探しの方へ。Flashって難しいですね。Flashは特に初心者の方にわかりやすく解説してくれるマニュアルが必要だと思います。できればFlashの操作、Flashの講習、Flashの講座、Flash入門、Flashの教室 学校 スクール 講習会の情報も欲しい。わかります、その気持ち。Flash初心者にはなかなか独学でマスターするの難しいですから。このサイトはそんな方々へFlashの使い方、Flashのマニュアル、Flashの操作、Flashの講習、Flashの講座、Flash入門、Flashの教室 学校 スクール 講習会 情報を探すのにお役立てれば光栄です。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★Flash 検索はこちら!★
TOP> Flash 紹介

Adobe Flashについて

Adobe Flash(アドビ フラッシュ)は、アドビシステムズ(旧マクロメディア)が開発している動画を扱うための規格及びそれを制作する同社のソフトウェア群の名称。略称はFLASH、フラッシュなど。旧称はMacromedia Flash。

概要
ベクター画像が規格の中心で、それにスクリプトで制御することによりマウスの動きに合わせてアニメーションしたり、音を鳴らしたりなど、インタラクティブなサイトを作成するのに向いている。アニメーション、ゲーム、ウェブサイトのナビゲーション、音楽再生などのコンテンツを作るためのソフトウェア。再生環境への依存度が低く、ベクター画像であるためウインドウサイズを変えても画質が劣化しないという特徴がある。

Flashを用いるとインタラクティブ性の高いサイトにすることも可能だが、Webブラウザやプレーヤーからテキスト検索できないなどの欠点がある。ただし、Googleなど一部の検索エンジンはFlash内のテキストを抜き出して、検索対象とすることができる。

Flash 再生ソフトとしては主にFlash Playerが使われる。Windows、Mac OS X、Linuxなどのオペレーティングシステム上で動作し、Internet ExplorerやFirefoxなどの代表的なWebブラウザの中でプラグインとして動作させることもできる。携帯電話機にもFlashプレーヤが搭載されているものがあるが、ハードウェアスペックやセキュリティーの配慮等により制限が多い(Adobe Flash Liteによるもの)。また、アドビシステムズはFlashをウェブ以外にも利用できるようにする意向を発表している。Flashのファイルフォーマットは仕様が一般に公開されており、アドビシステムズ以外の企業、個人でもFlashデータを加工、生成するソフトウェアを自由に開発、配布することができる。しかし、仕様書に基づいてFlashファイルを再生するソフトウェアを開発することは認められていない。そのため、例えば Flash 再生ソフトである Gnash では、ウェブ上に存在する Flash を収集し、それらを解析することを通じて開発が行われている。

企業や公的機関、歌手や個人のウェブサイト等においてトップページに使用されることが多くあるが、ナローバンドにおいてはダウンロードに時間がかかり、トップページにおけるFlashの使用を好まないユーザーもいる。

あるいはインターネットコミュニティの参加者によって笑いネタ、時事ネタなどでジョーク的な内容のものが作られたりする。ただ、このようなFlashは著作権や肖像権(傾向として政治家やテレビアニメのキャラクターが多い)を侵害していることも多々ある(俗に黒フラッシュ・黒フラ・MADフラッシュと呼ばれる)。日本において単に「フラッシュ」と呼ぶとこちらを指す場合もある。

また、バナー広告にもFlashが使われており、ポータルサイトなどに使用されている。

特殊な使用方法としてはYahoo!ミュージックやうたまっぷ等での歌詞表示がある。著作権を保護するために、テキストをコピーしたり印刷したりできないようにすることができる。

バージョンアップの歴史
MacromediaはFutureWave Software社を買収し、買収と同時に権利が移動したFutureSplash AnimatorをFlash 1.0という名称で発売開始した。このころからすでに数多くの基本的な機能を備えていた。原則的にFlash および Flash Playerは年一回バージョンアップされていたが、Flash MX以降のバージョンはその限りではない。

Flash 2の頃に日本に上陸し、優れた専門書が多く発行され、実験的な作品もネット上で発表されるようになった。Flash 3からインタラクティブ関連の機能が強化され、次第に「アニメーションソフト」の枠にとどまらない発展をするようになる。Flash 5、Flash MX(Flash Player 6)でプログラミングの機能が大幅に強化されたため、プログラマたちもFlashを使うようになる。Flash MX 2004(Flash Player 7)では動画配信もサポートし、2005年秋にリリースされたFlash 8 Professionalではアニメ、グラフィック関連を中心に大幅なバージョンアップが行われ、また機能制限版の「FLASH 8 BASIC」も同時リリースされ、新たな層の開拓にも意欲的である。

バージョン8まではFlashとFlash Playerがほぼ同時にリリースされていたが、Windows・Mac用 Flash Player 9 が2006年6月にリリースされた。(開発環境は現在、Flash CS3 ProfessionalかFlex 2)Linux用について見ると、Flash Player 8 はそのリリースが見送られることとなった。その後、Flash Player 9 が Windows・Mac用よりも数ヵ月遅れた2007年1月にリリースされた。Linux用のリリースが遅れた理由は、多くのLinuxディストリビューションに対応させる必要から、開発に相当時間がかかったためであるといわれている。ただし

なお、マクロメディア社は2005年4月にアドビシステムズ社に買収された。2007年4月には、最新の製作ツールであるFlash CS3 Professional(英語版)が、アドビのクリエイティブ製品群である「Adobe Creative Suite 3」の一部としてリリースされた。

続きを読む
posted by Flash フラッシュ at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。